社会福祉法人ケアネット, やよいほうむ特別養護老人ホームやよいほうむデイサービスセンターやよいほうむふじみ苑 お問合せ
小規模多機能ホーム倶楽部千代田會館千代田だより 採用情報
弥生居宅介護支援事業所中野区本町地域包括支援センターショートステイやよいほうむ サイトマップ
やよいほうむトップページへ やよいほうむ サイトマップ
お問い合わせ
トップページへ 法人案内 事業案内 小規模多機能ホーム 採用情報 人材育成プログラム研修システム成功事例 リンク集 イベントアルバム 介護士の一日 包括支援センターブログ プライバシーポリシー
法人案内
理念理念
ごあいさつごあいさつ
法人概要法人概要
事業所案内事業所案内
決算報告書決算報告書
アクセスマップ
事業案内
特別養護老人ホーム やよいほうむ特別養護老人ホーム やよいほうむ
ショートステイ やよいほうむショートステイ やよいほうむ
デイサービスセンター やよいほうむデイサービスセンター やよいほうむ
デイサービスセンター ふじみ苑デイサービスセンター ふじみ苑
弥生居宅介護支援事業所弥生居宅介護支援事業所
中野区本町地域包括支援センター中野区本町地域包括支援センター
特別養護老人ホーム おたきほうむ特別養護老人ホーム おたきほうむ
東中野居宅介護支援事業所東中野居宅介護支援事業所
小規模多機能ホーム
小規模多機能ホーム お知らせ小規模多機能ホーム お知らせ
倶楽部千代田會館のご案内倶楽部千代田會館のご案内
千代田だより千代田だより
ふじみ便り
やよいだより
採用情報
人材育成プログラム研修システム成功事例
リンク集
イベントアルバム
介護士の一日
包括支援センターブログ
プライバシーポリシー
サイトマップ
お問い合わせ
施設案内地図へ
 
東京総合病院
 
中野江古田病院
 
ホーム>小規模多機能ホーム 概要タイトル一覧>小規模多機能ホーム 概要
小規模多機能ホーム 概要
【小規模多機能ホーム】倶楽部千代田會館のご案内
    掲載日:2008/12/19
サムネイル ◆倶楽部千代田會館の概要◆
建設予定地:東京都中野区本町5−10−4
 開所予定日:平成21年(2009年)5月
 事業規模:登録定員25名〔通い定員15名、宿泊定員9名〕(予定)

写真1 写真2
写真3 写真4
写真5 写真6
【小規模多機能ホームとは?】小規模多機能型居宅介護とは!?
    掲載日:2008/12/18
サムネイル 小規模多機能型居宅介護とは、平成18年4月の介護保険制度改正により創設された、介護保険サービスのひとつです。
人は誰でも認知症になる可能性がありますが、適度な運動、健康的な食事、会話を通して認知症の発症を予防できることが最近の研究成果で判ってきました。
一般の家庭においては、今まで家事や身の回りのことをしていたお年寄りが、鍋を焦がしたり、歩行が不安定になってきたりすると、周囲の人達が心配してお年寄りから家事を取り上げ、食事・洗濯等を全て家族や介護ヘルパーが行う環境を作ってしまいがちでした。
これはお年寄りを思う家族の親切心によるものですが、家事や仕事を失ったお年寄りが急に認知症になったり、体力が低下して寝たきり状態になるケースが多く発生しています。
少し鍋を焦がしたり、歩行が不安定であっても、やさしく見守る人がいれば、まだまだ家事ができるお年寄りは沢山いますし、体を動かしている方が認知症にはなりにくいものです。
自宅での生活を継続しながら、お年寄りの有する能力を活かす良い方法はないか?と考え作られたのが「小規模多機能型居宅介護」サービスです。

写真1 写真2
写真3 写真4
写真5 写真6
【小規模多機能ホーム】小規模多機能ホームの特徴
    掲載日:2008/12/16
サムネイル 介護が必要となった高齢者が、住み慣れた地域で慣れ親しんだ生活環境をできるだけ維持できるよう、「通い」を中心に「訪問」や「泊まり」の3つのサービス形態が一体となり、24時間切れ間なくサービスを提供できることが小規模多機能ホームの大きな特徴です。
「通い」「泊まり」「訪問」のサービスが同時に受けられる!

小規模多機能ホーム「倶楽部千代田會館」は、日中デイサービスのように「通い」、夜間は必要に応じて「泊まり」、自宅にいる時は施設の職員に「訪問」してもらうことができる、登録定員25名の会員制介護サービスのようなものです。
今までの介護サービスでは、デイサービスと訪問介護(ヘルパー)、ショートステイ、ケアマネとそれぞれ異なる事業所と契約を結ぶ必要があったので、手続きが面倒なうえに毎回異なる職員からサービスを受ける為に、特に認知症の方が混乱を起こしやすい環境がありました。しかし、小規模多機能ホームなら、同じ施設で「通い」「泊まり」「訪問」「ケアプラン作成」のサービスが同時に受けられ、馴染みのある職員からサービスを受けられます。

〔登録定員25名、通い定員15名、宿泊定員9名、訪問介護要員1名〕

◆時間にとらわれない柔軟なサービス◆
従来の介護サービスと異なり「サービス提供時間」という概念が無いので、ご家族の方が急に残業や出張になっても、そのまま夜まで「倶楽部千代田會館」で過ごしたり、泊まったりすることができます。

◆有する能力を活かしたケア(介護から支援へ)◆
「倶楽部千代田會館」では、職員とご利用者の皆さんが一緒になって炊事、洗濯、買い物等の活動を行います。
認知症のある方でも職員の見守りがあれば、いろいろなことが出来るはずですし、具体的な役割を担っていただくことで、生きがいと自信を持って地域で生活していけるよう支援していく場所です。

◆地域の活性化◆
小規模多機能ホームは施設内で介護サービスを行うだけでなく、積極的に外に出て行くことが特徴の一つです。
馴染みの商店、美容室、喫茶店などを作り、ご利用者の方と一緒に出かけることで、地域の活性化を図るとともに、地域の方へ高齢者介護の理解を深めてもらったり、気軽に介護の相談を受けられやすくすることも期待されています。
今後、高齢化と供に人口減となる中、高齢者の方が明るく街を歩ける環境を整備することで、地域の活性化に貢献できればと考えております。

写真1 写真2
写真3 写真4
写真5 写真6
【小規模多機能ホーム】小規模多機能型居宅介護の可能性
    掲載日:2008/12/15
サムネイル 小規模多機能型居宅介護は従来の介護保険サービスと大きく異なる特徴を持ち、介護保険サービスのイメージを大きく変える可能性を兼ね備えています。
小規模多機能型居宅介護支援事業所は、厚生労働省の定めた介護報酬設定が低い為、新規事業参入が少なく、東京都内にもまだ30か所程度しか整備されていません。

また、働く介護職員からも、「通い」「泊まり」「訪問」の3つの業務に対応しなければならない為、「仕事が大変そう」と就労を敬遠する風潮が見られます。しかし、小規模多機能型居宅介護は仕事の守備範囲は広いものの、対象となるのは登録してある25名の方だけで、しかも自宅での生活を主にするので、施設内で生活する訳ではありません。また他の介護サービスのように規則にしばられることが少ないので、「通い」の最中に病院や美容院に行くこともできますし、デイサービスのように帰りの時間に束縛されることも少ないです。

25名のご利用者に対して訪問対応する職員は1名程度だけですが、例えば洗濯が必要であれば、汚れた衣類を千代田會館利用時に持参して戴き、帰宅時に洗濯したものをお返しすれば、洗濯作業の為にヘルパーを派遣しなくても済むのです。

確かに、小規模多機能型居宅介護を担う職員は様々なことを行います。
しかし、創意工夫によって、いかようにも対応できるのではないでしょうか?職員に求められる能力は、機械的に手早く作業を進むることではなく、ご利用されるお年寄りの方の有する能力を引き出し、上手にお仕事を手伝ってもらえる環境を作ることにあります。

介護職員1名で出来ることは限られていますが、皆でお互いに助け合えば、結構いろいろなことができるはずです。

小規模多機能型居宅介護は、認知症介護の切り札とも言われますが、倶楽部千代田會館では敢えて、認知症ケアを中心とした介護をしようとは考えていません。それは認知症ケアを志す介護職員が多いものの、いつの間にか認知症に関する知識に囚われて、介護の基本を見失ってしまうケースがあるからです。

介護の基本はまずご本人の気持ちや生活リズム、次いでご家族の要望を尊重するところから始まるのではないでしょうか?当たり前のことですが、時間に追われる介護の現場ではなかなか実践できないことです。

時間に追われない伸び伸びとしたケアの実践。どこまでのことができるか未知数ですが、知識でも技術でもなく、介護者の基本である善意を活かし、お互い支え合いながら生活していく、そんなアットホームな場所作りをしていきたいと思います。
是非、地域の皆様のご協力とご支援をお願い申し上げます。

写真1 写真2
写真3 写真4
写真5 写真6


 
ページトップへ 
特別養護老人ホームやよいほうむデイサービスセンターやよいほうむふじみ苑弥生居宅介護支援事業所
小規模多機能ホーム倶楽部千代田會館千代田だより中野区本町地域包括支援センターショートステイやよいほうむ
HOME法人案内事業案内採用情報人材育成リンク集アルバム介護士の一日包括支援センターブログ
プライバシーポリシーサイトマップお問合せ